白馬 村 スノーピーク。 スノーピーク白馬進出の裏に地元の切実なSOS

買って食べて遊んで泊まれる「スノーピークランドステーション白馬」に行ってみた。白馬の新たな野遊び発信地!

スノーピーク 白馬 村

電動レンタサイクルで白馬村をのんびりサイクリング 最後にご紹介するのは、ピクニックに最適なスノーピーク製品とe-bike(電動アシスト自転車)、Restaurant雪峰特製デリ(オリジナルサンドイッチ+信州野菜の朝採れサラダ)、みみずくの湯入浴券がパッケージになったレンタルサービス「スノーピークゴー(Snow Peak GO)」です。

【スノーピークランドステーション白馬】白馬村に新しいランドマークが誕生

スノーピーク 白馬 村

ラウンジテーブル(スノーピーク製IGTスリム)&チェア(スノーピーク製ローチェアショート)• 事業内容の詳細につきましては、今後決まり次第、お知らせしていく予定です。 駅から近くアクセスもよいので遠方からも来やすいですね。

17

2020年春オープン!スノーピークが白馬村に新たな「体験型施設」を運営予定!

スノーピーク 白馬 村

広さ50㎡のテントには ダブルサイズ(幅140㎝)のベッドが2台設置されていて、定員は1〜2名。 頑張って早起きしてみましょう!. 木の枝と雪の結晶をにした施設を手掛けたのは、世界的建築家として知られる隈研吾だ。 【八方尾根開発株式会社について】 1958年にオープンした国内最大級のスキー場である八方尾根スキー場の運営の他、温泉事業や物販事業を通じて白馬・八方尾根地域の活性化に寄与する。

4

2020年春オープン!スノーピークが白馬村に新たな「体験型施設」を運営予定!

スノーピーク 白馬 村

白馬村の自然を生かした体験や価値を提供し、ブランドのファンになってほしい」と期待を込める。 施設は、白馬の美しい景色が堪能でき、人が交流しやすい開かれた構成になっている」と話している。

20

スノーピークの最高峰グランピングブランド「FIELD SUITE」初のフィールド、「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」グランドオープンについてお知らせいたします。

スノーピーク 白馬 村

通年観光の道を開きたい」と意気込んでいる。 また、店舗の大きな窓からはイベントエリアが良く見えるので、子供が遊んでいるのを見ながらレストランで『女子会』なんて使い方もできます。 新施設が白馬の魅力を知るゲートウェイとなり、近年、注目されているインバウンドのスキー客に加え、特に冬以外のグリーンシーズンの観光客を獲得。

11

白馬観光開発、スノーピークと共同で白馬村の地域活性化を推進する『株式会社スノーピーク白馬』を9月3日設立〜オールシーズン楽しめるマウンテンリゾートの強化へ〜|白馬観光開発株式会社のプレスリリース

スノーピーク 白馬 村

夏は避暑地として、冬はスノーリゾートのメッカとしても知られる白馬村に、大手キャンプギアメーカーのスノーピークが主催しているグランピング施設 「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」が2019年に登場。 モルゲンロートご来光 少し早起きして人だけが楽しめる、360度のパノラマご来光。

10

2020年 スノーピークランドステーション白馬店

スノーピーク 白馬 村

そこにオープンする、新体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」のコンセプトは、「その土地に深く根付く、人生と野遊びの案内所」。

17

2020年 スノーピークランドステーション白馬店

スノーピーク 白馬 村

その八方尾根の中でも最もダイナミックな眺望を楽しめるのが、標高1,200mに位置する北尾根高原です。 この発表会を終えての率直な感想。

18