如 懿 伝 あらすじ。 如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜

【如懿伝】37・38・39話|あらすじ・ネタバレ感想|富察琅嬅という人

あらすじ 如 懿 伝

弘暦は青桜を認めるよう雍正帝に嘆願する。 侍医の江与彬に鹿血酒を求めるが、効き目が強すぎるため体の負担になると言われてしまう。

15

【中国宮廷ドラマ】如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~#87(最終話)あらすじ

あらすじ 如 懿 伝

そういう配慮が素敵ね。

【中国宮廷ドラマ】如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~#86 あらすじ

あらすじ 如 懿 伝

雍正帝は国事と婚姻は結びついていると話し、福晋を富察琅嬅に迎えるなら側福晋を青桜にしても良いと言った。

8

【如懿伝・全87話・最終話まで】全話あらすじ一覧とネタバレと感想|紫禁城に散る宿命の王妃

あらすじ 如 懿 伝

衛嬿婉の息子である第15皇子・永琰 エイエン が妻を娶って親王に封じられた。 だが、妃たちの嫉妬と欲望に満ちた後宮では想像を絶する過酷な運命が待ち受けていた……。

11

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~ あらすじ

あらすじ 如 懿 伝

「私、まだ生きてるの?」 そばにはなぜか春嬋と王蟾がいる。 また 非常に勤勉で努力家。

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第61

あらすじ 如 懿 伝

次は璟瑟だ。 茉心 ばつしん…高晞月の侍女。