学習 指導 要領 解説 体育。 体育、保健体育のページ

体育、保健体育のページ

体育 要領 学習 指導 解説

3 探究的な学習に主体的・ に取り組むとともに,互いのよさを生かしながら,積極的に社会に しようとする態度を養う。 背景には、情報化や国際化、価値観の多様化などの社会の変化やいじめや不登校など学校環境の課題などがあります。

19

小学校体育科の「新学習指導要領」改訂ポイント!|みんなの教育技術

体育 要領 学習 指導 解説

伝える側は、知識の整理ができる。 運動に親しむとは, それぞれの運動が有する 特性や魅力に応じて,その 楽しさや喜びを味わうとともに, ・ 公正に取り組む, ・ 互いに協力する, ・ 自己の役割を果たす, ・ 仲間の考えや取組を認める, ・ 安全に留意する などの 態度を育むことを示している。

新学習指導要領における3観点とは?|新しい評価のされ方を解説

体育 要領 学習 指導 解説

(3)資質・能力 心と体を一体として捉えとは, 児童の心身ともに健全な発達を促すためには,心と体を一体として捉えた指導が重要であり,心と体の発達の状態を踏まえ, 運動による心と体への効果,健康,特に 心の健康が運動と密接に関連していることなどを 理解することの大切さを示したものである。 その結果は当然、ゴール未到達です。

8

学習指導要領(H29告示)で最低限押さえておくべきこと【教員採用試験対策】

体育 要領 学習 指導 解説

体育科においては, 「見方・考え方」を働かせる学習過程を工夫することにより,体育科で育成を目指す資質・能力がより豊かになり,体育科の目標である,「 生涯にわたって心身の健康を保持増進し豊かなスポーツライフを実現するための資質・能力」 の育成につなげることを目指すものである。 以上のことから 「感覚でオッケーではなく、言葉にしてみよう」というメッセージの大切さが分かります。 小学校・中学校各教科等の目標の解説 「小・中学校「教科等の目標解説を縦横に読む」シリーズ」は,下のボタンより閲覧できます。

3

小学校体育科の「新学習指導要領」改訂ポイント!|みんなの教育技術

体育 要領 学習 指導 解説

思考力、判断力、表現力等の指導 船山 「思考力、判断力、表現力等」と目標が整理されました。 2 柱書 次に,体育科の目標に示されている各部分を解説すると次のとおりである。 4 生命を尊び,自然を大切にし,環境の保全に寄与する態度を養うこと。

11

運動会の意義と目的 学習指導要領解説より

体育 要領 学習 指導 解説

体育科の目指す資質・能力を育成するためには,児童の発達の段階,能力や適性,興味や関心等に応じて,運動の楽しさや喜びを味わい,自ら考えたり工夫したりしながら運動の課題を解決するなどの学習が重要です。 また,各学校がその特色を生かして創意工夫を重ね,長年にわたり積み重ねられてきた教育実践や学術研究の蓄積を生かしながら,児童や地域の現状や課題を捉え,家庭や地域社会と協力して,学習指導要領を踏まえた教育活動の更なる充実を図っていくことも重要である。

5分でわかる小学校学習指導要領の変遷!改訂のポイントと流れを解説!(後半)

体育 要領 学習 指導 解説

評価軸について理解するためには、新学習指導要領が重視するものを知る必要があります。 したがって 「スポーツの多面を見る力」は、Life with Sportsに必要な1本目の柱となります。

17