生貝 直人。 画像や文書も…ダウンロード違法化、対象拡大? : 深読み : 読売新聞オンライン

CA1835

直人 生貝

それによって誘導操作というものもこれまで以上に強力な、効き過ぎてしまうということが出てくるのかなと思います。 (出典)総務省(2019)「デジタル経済の将来像に関する調査研究」 Googleに対して制裁金を科したフランス GDPRは、施行後1年に満たない内に、様々な影響をデジタル・プラットフォーマーに及ぼしている。

15

画像や文書も…ダウンロード違法化、対象拡大? : 深読み : 読売新聞オンライン

直人 生貝

11月• 第一に、そのアーカイブに含まれる作品の「第三者性」を挙げることができる。 著作権保護期間が満了しているものを含め、文化施設が保有・所蔵する作品は、基本的に全て第三者が創造したものである。

6

第305回 消費者委員会本会議 議事録 : 消費者委員会

直人 生貝

図書館・美術館・博物館・文書館をはじめとする公的な文化施設は、さまざまな主体が創造・流通に携わった作品を収集し、広く利用者に提供することをその責務としてきた。

生貝直人の記事一覧

直人 生貝

新型コロナウイルス感染症の影響で、「街に賑わいを作ること」を街づくりの指標とすべきかに疑問の声が上がっている。 ヨーロピアナの事業計画が最も重視しているのもこの点であり、今後はクリエイティブ・コモンズ(Creative Commons, CC)ライセンスをはじめとするパブリック・ライセンスが付与されたコンテンツを大幅に増加させていくものとしている。 対策として、文化庁長官による「裁定制度」がある(67条)。

国立情報学研究所 生貝直人氏に聞く:オープンデータ政策と文化芸術デジタルアーカイブ──EU「公共セクター情報の再利用指令」改正を受けて:デジタルアーカイブスタディ|美術館・アート情報 artscape

直人 生貝

御承知のように、日本でも、個人の信用力をスコア化していくというビジネスは、生まれつつあるわけです。

9

なぜ私たちには「忘れられる権利」が必要なのか? ・前編 【対談】KDDI総研・高崎晴夫氏、東京大学・生貝直人氏

直人 生貝

街のライフサイクルについて。

18

第305回 消費者委員会本会議 議事録 : 消費者委員会

直人 生貝

例えば、民間の電子書籍がひとつの大きなプラットフォームをつくり覇権を握ったとき、そのこと自体は利用者の利便性を高めたとしても、彼らの自主規制によってわれわれの知的活動が実質的に左右されてしまう恐れがある。 文化庁. 新型コロナウイルス感染症などパンデミックへの対応という観点では、安全なスマートシティ作りにB2Gの取り組みが寄与すると期待されています。

10

前半レポート:コロナ禍で変わりゆく街づくり 求められるのは「賑わい」ではなく「可変性と自由度」~City & Tech オンラインシンポジウム 「Withコロナ、Postコロナでの街のあり方について」~

直人 生貝

3点目として、個人データの収集・利用に際してその個人の明確な同意を必要とした点がある。 日時 2019年8月8日(木)14:00~16:11 場所 消費者委員会会議室 出席者• 実際問題法律や政策ってえらくわかりづらくて日本だけでも精一杯だよー、というのが多くの方々の実感だと思われますが、それでもやはり、ある意味では「日本の情報政策以上に」、EUやアメリカの情報政策を「知る必要がある」理由はおおよそ下記の通りです。 仕事で言えば、「テレワーク」は加速すべきものである一方、「ハンコ文化」や「満員電車」は捨てたほうがいい。

5

総務省|令和元年版 情報通信白書|EUにおけるデータに関するルールの整備・運用に関する動向

直人 生貝

ありがとうございました。

8