中 大 駅伝。 順天堂大陸上競技部の2020年メンバー一覧|駅伝歴ドットコム

箱根駅伝で20年ぶりトップ3狙う中央大 コロナ下で胸に響いた「維新の志士の言葉」

大 駅伝 中

駒大が5時間11分8秒の大会新記録をマークし6年ぶり13度目の優勝を果たした。 「笑われると思うけど、競技者である以上、走るからには区間賞を目指したい」と田母神。

5

中距離ホープの中央大・田母神一喜、最初で最後の箱根駅伝で「区間賞を狙う」 : ニュース : 箱根駅伝 : 読売新聞オンライン

大 駅伝 中

今シーズンは日本インカレでは(5000m、10000mとも2位という結果に)悔しかったけど自分で仕掛けていけたので悔いはないです」 また今年のユニバーシアードや昨年の世界大学クロカンでの海外遠征の話を聞くと「食生活や環境が変わっても大丈夫なんです!」と、明るく返してくれました。 1年目から箱根駅伝出場を果たし、過去最高の9位で大学初となるシード権獲得を牽引した。 トラックでまず5000mの変化走。

中央大駅伝部はなぜ「1年生主将」を選んだか

大 駅伝 中

2区 森凪也君(2年) 2区に走りの適性がというと??かもしれませんが、 今年は常にチームトップの成績をあげています。

2

中距離ホープの中央大・田母神一喜、最初で最後の箱根駅伝で「区間賞を狙う」 : ニュース : 箱根駅伝 : 読売新聞オンライン

大 駅伝 中

前日酷暑での10000mの後ですので、頑張ったと思います。 3月下旬から半数の部員が郷里に戻り、寮に残った部員も自主練習を余儀なくされた。 2区では強力なエースを置く早大と中大が驚異のゴボウ抜きを見せた。

11

順天堂大陸上競技部の2020年メンバー一覧|駅伝歴ドットコム

大 駅伝 中

最後方からのスタートとなった山梨学大のステファン・マヤカ(4年)は、一時6位まで順位を上げたものの、終盤で失速し、9位でのタスキリレーとなった。

18

順大、中大、城西大、専大などが箱根駅伝予選会突破

大 駅伝 中

8000m 1位 舟津彰馬君(4年) 25分56秒 2位 池田勘汰君(3年) 26分03秒 OP 1位 中澤雄大君(1年) 26分17秒 3位 大橋真弥(石巻市役所)26分19秒 4位 三浦拓朗君(2年) 26分30秒 5位 紺野凌(以前筑波大にいたような・・)26分31秒 6位 森凪也君(2年) 26分34秒 7位 田上健(東洋大) 26分35秒 8位 斎藤真也(天童市陸協 東洋大出身)26分38秒 9位 宮下隼人(東洋大) 26分45秒 10位 岩原智昭君(3年) 26分48秒 11位 大森太楽君(3年) 26分54秒 OP 2位 千守倫央君(1年) 27分00秒 OP 3位 大沼翼君(東洋大) 27分02秒 OP 4位 荒生実 慧(東洋大) 27分04秒 12位 手島駿君(2年) 27分09秒 OP 5位 黒須優翔君(1年) 27分15秒 OP 7位 助川拓海君(1年) 27分52秒 19位 倉田健太君(2年) 28分03秒 OP 8位 藤村燦太君(1年) 28分28秒 OP 9位 若林陽大君(1年) 28分49秒 OP10位 小林龍太君(1年) 29分15秒 33位 眞田翼君(3年) 29分54秒 舟津君がトップ。 公式HPの発表と異なるので・・、 訂正があればご指摘ください。