忘 羨 小説。 【魔道祖師/陳情令】「忘羨」のリフレインとして読む「義城編」―義城における人物役割論―

【魔道祖師/陳情令】藍曦臣の空想と自己の抑圧―藍忘機・聶明玦との対比から読む人物論―

羨 小説 忘

(「草木」) 【突然、暁星塵は地に落とした霜華をつかみ、刃を己の首にあてがった。 この「視点の代替者」としての役割を果たしているのが阿箐と聶懐桑なのです。

忘羨 (ぼうせん)とは【ピクシブ百科事典】

羨 小説 忘

世人は、彼が当時盲目になったにもかかわらず、再び両目が見えるようになったことに驚いた。 私は彼の側近を装うのに、主を侮辱した者をどうして見過ごすことができますか?ですから……」 聶明玦は言った。 名为闭关,实为思过。

3

ボード「漫才」のピン

羨 小説 忘

それでは主人公に焦点化した意味がないどころか、その空白に言及する必要があるとき、物語が破綻してしまいます。 你知道,你那位好道友、好知交,干了什么吗?他杀了很多走尸。 それが理由に他なりません。

10

《魔道祖師/陳情令》

羨 小説 忘

以下、もう一点別の描写を引用します。

ボード「漫才」のピン

羨 小説 忘

先に乱葬崗と義城の空間的な共通点について述べましたが、魏無羨が温寧ら温氏の人々を乱葬崗に匿ったように、暁星塵は薛洋を義城に匿いました。

3

陳情令忘羨番外45,四海雲遊第四站,說好了不搶風頭

羨 小説 忘

読者の目にも魏無羨の目にも、この時点ではまだ薛洋が暁星塵に行った仕打ちの数々が明らかにされていない状況で、薛洋は以下のように語ります。