横浜 市長 リコール。 横浜市長リコール署名活動終了 目標達成は厳しく:朝日新聞デジタル

突然カジノ誘致を発表した横浜市長のリコール運動が拡散中!

リコール 横浜 市長

『もう(署名を)やったから』と言われる。 こうした矛盾をカジノ反対派の内部で抱えたまま、必要署名数を達成できるのか心配される。

6

横浜市長リコール署名活動終了 目標達成は厳しく:朝日新聞デジタル

リコール 横浜 市長

カラフル教育クラブ 代表 広こしゆみこ 連絡所 〒231-0064 中区野毛町1-12 旧バラ荘 電話:045-515-7787(夜間のみ) 携帯:080-3355-1054(広こしゆみこ). 15日には署名数を発表するとともに、市長への要望書を提出するという。 コロナよりカジノを優先している あまりにも酷すぎて林文子市長に対するリコール運動も起こっています。

19

突然カジノ誘致を発表した横浜市長のリコール運動が拡散中!

リコール 横浜 市長

また、平成25 年には令を改正し、指定都市における署名収集期間を、2か月と改めました(令第92 条第3項)。 昨年8月末から署名集めに協力する「受任者」を募集し、これまでに5万1千人余りが登録。

15

横浜市長リコールへ署名集め IR反対で市民団体、来月5日から 49万人分目指す

リコール 横浜 市長

治安の悪化も懸念される。 10人以上の集まりへの参加は避けられません。 従って、住民投票条例の制定は第4回定例会(11月下旬もしくは12月上旬〜12月中旬) で議決されることが想定される。

2

横浜市長リコールへ署名開始 「カジノ誘致を止める」:朝日新聞デジタル

リコール 横浜 市長

以上1読者の意見ですが、いかがでしょうか。 法では、無効の基準について「何人(なんぴと)であるかを確認し難い署名」としているだけで、明確な基準はない点が審査基準の曖昧さを生じさせ、署名審査に混乱と労力を要する結果となりました。 詳細は以下のブログを読んでもらいたい。

11

横浜市長リコールへ署名開始 「カジノ誘致を止める」:朝日新聞デジタル

リコール 横浜 市長

つまり、 現在の予定通りに2020年5月1日に住民投票条例の制定の署名収集を開始した場合、それはカジノを止める上で何の役にも立たない可能性が高い。 コロナ感染者の在住区まで発表しない• さらに言えば、立憲民主党・神奈川県連合は「リコールも視野に、横浜でのカジノ誘致撤回へ!」と題したのプロジェクト説明において、住民投票が議会で否決された後に市長リコールへ進む線表を描いているが、この立憲民主党・神奈川県連合が描くスケジュールは完全に破綻していると言わざるを得ない。 そんな奴が横浜市長とかありえない。

16

林文子(横浜市長)は高卒で経歴がヤバい?旦那(夫)や子どもと家族画像も|ViViVi★Life

リコール 横浜 市長

図5:住民投票とリコールの予想スケジュール(住民投票の署名収集開始が5月の場合) <住民投票> 2020年5月1日:署名収集を開始 同年5月〜6月末:署名の収集期間(政令指定都市の収集期間は2ヶ月間) 同年7月〜8月末ごろ:署名の審査期間(約2ヶ月間と仮定) 同年9月1日〜7日ごろ:署名の縦覧期間(7日間) <リコール> 2020年7月1日:署名収集を開始 同年7月〜8月末:署名の収集期間(政令指定都市の収集期間は2ヶ月間) 同年9月〜10月末ごろ:署名の審査期間(約2ヶ月間と仮定) (厳密には、この他にも細かい手続きは存在するが省略) 2020年7月〜8月に着目してほしい。 署名の集約・提出後、選挙管理委員会が20日間ほどかけて確認し、重複などを除き有効数に達していた場合は60日以内に解職の賛否を問う住民投票が行なわれる。

18