人 に 忍び ざる の 心 書き下し文。 不忍人之心・孟子 現代語訳・書き下し文・読み方

不忍人之心・孟子 現代語訳・書き下し文・読み方

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

一般に自分に四つの糸口がある者は、誰でもそれを拡大し充実させることを悟るはずである。 ゆえに曰く、。

14

論語:陽貨第十七:22 子曰飽食終日章(現代語訳・書き下し文・原文)

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

交りを孺子の父母に於いて ( いる )る所以に非ざるなり、誉れを郷党朋友に於いて 要 ( もと )むる所以に非ざるなり、其のを 悪 ( にく )んで然るに非ざるなり。 各章には全章の通し番号と各編ごとの番号とを合わせ記し、利用者の便を図った。

2

NHK高校講座

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

藤堂明保『論語』(中国の古典 1)学習研究社、1981年• 雷霆を聞くは聡耳となさず。

16

孟子『四端・不忍人之心(人に忍びざるの心)』原文・書き下し文・現代語訳

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

人の不幸を見過ごせない気持ちで、人の不幸を見過ごせない政治を行えば、天下を治めることは、手のひらにのせて(玉をころがすように)たやすくできる。 譲り合う心のないものは、人ではない。

19

高等学校古典B/漢文/不忍人之心

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

因間とはその郷人によりてこれを用うるなり。 もし敵まずこれに居り、盈つればすなわち従うことなかれ、盈たざればすなわちこれに従え。

20

孫子 全文(書き下し文)|孫子の兵法

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

自分の不善を恥じ、他人の不善を憎む心は、義の芽生えである。 われこれをもって勝負を知る。

9

論語:陽貨第十七:22 子曰飽食終日章(現代語訳・書き下し文・原文)

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

[原文の語訳] 子貢が尋ねた「一言で生涯守り行なう価値ある言葉がありますか」と。 国の師に貧なるは、遠く輸せばなり。

8

柏舟:我が心石にあらず(詩経国風)

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

人がこの四つの芽生えを持つことは、ちょうど両手両足があるのと同じなのだ。 兵の加うるところ、碬をもって卵に投ずるがごとくなるは、虚実これなり。 ひるがえって君主に対して仁義礼智を実行できないと言っている者は、君主の価値を貶める者だ。

14

「相手を思いやる心を持つ 」己所不欲、勿施於人

に ざる 心 書き下し文 忍び 人 の

それにも関わらず、自らそれを見失っているのは自らを害する者であると言える。