Question: どのようにアパートでバルコニーを和らげますか?

あなたが非常に寒くて定期的に雪を見る地域に住んでいるならば、あなたはスペースを囲むために透明なプラスチック製のカーテン、道、またはカーテンを使ってスペースを冬のままにすることができます、要素を外に保ち、パティオヒーターを使って物を暖めるようにしてください。

アパートのバルコニーを囲むのですか?

屋外カーテンを使用するのと同じように、あなたのバルコニーを同封するためにできるいくつかの迅速で簡単な修正がありますまたは竹の取り付けブラインド。画面はバグコントロールに最適で、ネットはあなたのバルコニーペットを安全にするでしょう。より多くの恒久的な解決策には、前の画面パネルやスクリーンポーチがあります。

冬のバルコニーを楽しむことができますか?

9冬のシンプルなヒントを開いたり閉じたりするかどうかにかかわらず、バルコニーを暖かく保つための簡単なヒント。 ...あなたのバルコニーを囲みます。 ...あなたのバルコニーを吸います。 ...断熱グレージングシステムを取り付けます。 ...スペースヒーターを紹介します。 ...放射ヒーターをインストールしてください。 ...床暖房を加える。 ...暖炉を取り付けてください。詳細項目...

バルコニーで雪を扱うのですか?

あなたのアパートのバルコニーから雪を除去するときは、非金属のシャベルを使ってダメージを避けるために非金属のシャベルを使ってください。そしてあなたのデッキボードと平行な動きで雪を除去してください。彼らがあなたのバルコニーを損傷する可能性があるので、アイスチッパーを使わないでください。ダメージフリーのディシカを行くにつれて、ペットセーフアイスメルターは最高です。

バルコニーを囲むべきですか?

バルコニーは、バルコニーが半屋外の空間であることを意図しているため、壁やガラスパネルで囲まれてはならない。 ...バルコニー画面を開くことも完全に開くことができます。と。バルコニー画面では、画面が完全に描かれている場合でも、バルコニー内の自然な換気/空気の流れが常に描かれています。

どのように私のバルコニーを暖めるか?

炉やストーブ。テラスに暖かさを追加するための最も実用的な方法は、暖炉を置くか、バルコニーやテラスにストーブを置くことです。あなたは天候に従って暖房ストーブをオンにするかどうかを選び、居心地の良い一方で寒い夜を楽しんで、寒い夜を楽しんでください。

あなたのデッキから雪が降りるべきですか?

あなたは雪の深さが3フィート以上でなるまであなたのデッキから雪を降りる必要はありません。あなたが鉄道の上を見やすく見える限り、あなたが雪を包む必要がないと言っても安全です。 ...あなたが防水デッキ(ビニールまたは木のデッキ)を持っている限り、あなたはあなたのデッキを損傷を与える雪について心配する必要はありません。

あなたのバルコニーを守るにはどうすればいいですか?

あなたのバルコニーウィンドウのインストールセキュリティグリルのインストールバルコニーウィンドウやダボのロックやウィンドウトラックのロックバーを使用して、カーテン、シェード、ブラインドを使用して、バルコニーウィンドウのセキュリティを強化するためのすべての必須の施策です。

のための最高のアイスメルトは何ですか。ウッドデッキ?

塩化カルシウムは、不要な損傷を与える運命を避けながら、氷と雪の木のデッキを片付けることを目的としている住宅所有者のための答えを提供します。カルシウムベースのアイス溶融物であるため、岩塩(塩化ナトリウム)などのナトリウムベースの選択肢に関連する問題はありません。

デッキを雪から守るにはどうすればよいですか?

6の方法あなたのデッキをこのウィンタークリーンそれを守るために。冬の私たちの屋根ふきのアドバイスと同様に、あなたはあなたのデッキの雑然としたことを片付けなければなりません。 ...下にスクラブをします。 ...金型またはカビの蓄積を取り除きます。 ...撥水シールを塗ります。 ...防水止め。 ... Remove Snow.jan 20,2014

プライバシーのために私のバルコニーを隠すことができますか?

6バルコニープライバシーオプション屋外プラント。ジャングルカバー。植物覆われたバルコニーのために言うべきことがたくさんあります。 ...バルコニーシャッター。シャッターアップ。 ...バルコニープライバシースクリーン。庄司スタイル。 ...竹ローラーブラインド。まやかし。 ...蚊帳カーテン。それはあなたのためのカーテンです。 ...ビーズカーテン。ちょうどビーズit.apr 8,11,11

Reach out

Find us at the office

Debernard- Tareen street no. 51, 51267 Nairobi, Kenya

Give us a ring

Jermiah Ashjian
+40 989 176 817
Mon - Fri, 7:00-16:00

Reach out