仏教 に 由来 する 言葉 は。 仏教に由来する言葉は?【ことば検定】 答え林修

ヒンディー語やサンスクリット由来の日本語(インドから来た言葉)

由来 は する に 仏教 言葉

意味は「布(あまね)く施(ほどこ)す」ことから「布施」と訳した。 上人や聖人に大きな影響を与えた。 「備えあれば憂いなし」という意味合いが強いですね。

5

【やさしい仏教】「それも仏教の言葉なの!?」 実は日常お世話になっている仏教用語・仏教の言葉10選

由来 は する に 仏教 言葉

しかし、この「愛」という言葉。

19

仏教用語の意味(仏教用語辞典)

由来 は する に 仏教 言葉

江戸時代、英語の「ネイチャー」の訳として自然があてられたことで意味が重層的になる。

仏教用語が語源?身近な日常の言葉とは?

由来 は する に 仏教 言葉

Buswell, Robert E. 「勝利」を仏教の言葉として訳すと、「勝」は「優れていること」、「利」は「ご利益(ごりやく)」となります。 神様へのお供えから。 このサンスクリットの頃の仏典の日本語訳は、、をはじめ、多くの人々によって取り組まれてきている。

11

意外に身近!?実は仏教用語だった言葉達・日常語と化した言葉編|仏像|趣味時間

由来 は する に 仏教 言葉

また、「品(ぼん)」の下位は「生(しょう)」と言います。 仏教では、殺生をしない不殺生が有名ですが、これは殺生をすると地獄道へ輪廻転生となると言うのが仏教の教えです。 心の中に良かれ悪しかれ何かが芽生え、湧き起こり、じっとしていられず右往左往してしまう。

3

【やさしい仏教】「それも仏教の言葉なの!?」 実は日常お世話になっている仏教用語・仏教の言葉10選

由来 は する に 仏教 言葉

布施には3種類あるとされ、お金や品物の寄付はそのうちのひとつに過ぎません。 心乱されてじっとしていられない時、私たちの中には「煩悩」、つまり「有漏」のものがたくさん流れ出していて、それ故に「有漏有漏(うろうろ)」してしまう。 【仏教用語と時事】 仏教用語『流通(りょうつう)』 仏教では「るづう」と読む。

仏教用語の意味(仏教用語辞典)

由来 は する に 仏教 言葉

ちなみに「仏の顔も三度『まで』」は、お釈迦様の故郷に恨みを持った隣国の王子が攻めてきたのを、お釈迦様は説得によって三度食い止めましたが、四度目は故郷が恨みを持たれるようなことをした因果応報だとして説得するのを止めた、という逸話からできたと言われています。 今はよく使われる「頑張る」ですが、いつの間に変化していったのでしょうね。 仏典はこの時には口誦によって伝承され、後に文字化される。

12

ヒンディー語やサンスクリット由来の日本語(インドから来た言葉)

由来 は する に 仏教 言葉

ことわざの意味を理解して使うと意味合いが心にスッと入ってくるので、それぞれの仏教用語を知ると共に、日頃から仏教にまつわることわざを使っていただきたいと思います!. 現在ではまわりより昇進が早かったり、世の中で立派な地位・身分となることをいう。