雪 の いと 高 う 降り たる を 訳。 『雪のいと高う降りたるを』最後の文になぜ「なほ」という言葉を使っている?

清少納言の教養の高さが際立つ『枕草子』、「雪のいと高う降りたるを(香炉峰の雪)」とは?

の う たる いと を 訳 雪 降り 高

のをまとめた『 白氏文集(はくしう)』は平安貴族にとって必須の教養となっていました。

17

古典の「雪のいと高う降りたるを」の問題

の う たる いと を 訳 雪 降り 高

免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 の雪はどうなっているのでしょう」とお尋ねになりました。

1

『雪のいと高う降りたるを』最後の文になぜ「なほ」という言葉を使っている?

の う たる いと を 訳 雪 降り 高

」と言ふ。

1

『枕草子』の現代語訳:101

の う たる いと を 訳 雪 降り 高

「歌など詠むは、世の常なり。 」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。 このウェブページでは、『枕草子』の『雪のいと高うはあらで、薄らかに降りたるなどは、いとこそをかしけれ~』の部分の原文・現代語訳を紹介します。

『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

の う たる いと を 訳 雪 降り 高

「べき」と連体形になっているのは、直後に「人(体言)」が省略されているから。 女房達も「そのようなこと(白居易の詩)は知っていましたし、歌などに詠むこともありますが、(御簾を上げて外の雪景色を見えるようにすることは)思いつきませんでした。

13

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・読み方

の う たる いと を 訳 雪 降り 高

高校で習う枕草子はほぼ自慢です 笑 そのため、清少納言が嫌いになる人も多いのですが、中宮定子様に褒められた! 定期試験では必ず漢字の読みが問われます。 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子(みかうし)まゐりて、 雪がたいそう高く降り積もっているに、いつもとは違って、御格子をおろして 炭櫃(すびつ)に火おこして、物語などして集まりさぶらふに、 炭櫃(囲炉裏)に火をおこして、(女房達が)話などして(中宮定子のそばに)集まってお仕えしていたところ、 「少納言よ、香炉峰(かうろほう)の雪、いかならむ」と仰せらるれば、 「少納言よ、香炉峰の雪はどのようだろう。 」といったという。

16