ガダルカナル の 失敗。 ガダルカナル島の戦いで多数の餓死者が・・・。連合軍優勢に。

ガダルカナル島の戦いで多数の餓死者が・・・。連合軍優勢に。

失敗 ガダルカナル の

7mm機銃を左右各3門ずつ搭載することになり、燃料の積み場所が不足し、その結果コクピットが大きく後退することになった。

ガダルカナルの真実 組織の論理が生んだ悲劇の指揮官

失敗 ガダルカナル の

増援の輸送については海軍が鼠輸送を、陸軍が蟻輸送を主張したため一悶着があった。

ガダルカナルやラバウルで活躍したF4Uコルセアは『失敗作』だったのか?

失敗 ガダルカナル の

身体を起して座れる人間は、3週間。

第3波でまた「時短要請」、それしか対策はないのか ガダルカナルと酷似するコロナ対策、責任逃れの構図が鮮明に(1/3)

失敗 ガダルカナル の

11月30日に駆逐艦によって行った物資輸送では、ドラム缶に食料等を詰め、島の岸に近づいたらドラム缶を海に投げ込み、陸側からロープで引っ張るという方法をとることにしました。 大勝利の影で亀裂が生じようとしていたのだ。 まばたきしなくなったものは、明日。

ガダルカナルの真実 組織の論理が生んだ悲劇の指揮官

失敗 ガダルカナル の

この支隊を率いた一木清直大佐は、それで簡単に相手に勝てると見込んでいた。 しかし、陸軍にとっては海軍が独自に行っていた飛行場建設という程度の認識しかなく、海軍から飛行場建設の情報も伝わっていなかったので、アメリカ軍襲撃の知らせを聞くまで、幹部でも島の名前すら知りませんでした。 なぜこういった「まともな」決意をする割に、日本軍は三度敗れたのか。

4

【戦後73年 ガダルカナル戦】(下)「ガ島にすべての敗因詰まっている」

失敗 ガダルカナル の

情報 [ ] 詳細は「」を参照 本戦闘で連合軍は(沿岸監視員)を活用した。

ガダルカナルの真実 組織の論理が生んだ悲劇の指揮官

失敗 ガダルカナル の

第1海兵師団で2つの機関銃分隊を指揮していた軍曹は、日本軍の第二次総攻撃が行われた10月24日 - 26日の間、分隊のほとんどの隊員が死傷する中で機関銃陣地を死守して日本軍の撃退に大きな役割を果たした。 また、小尾少尉は日記の中で「1月1日(元旦)に分配された最後の食糧は、乾パン2粒とコンペイ糖1粒だけ。

ガダルカナル島をめぐる戦い(1)経緯-日本軍前進基地の奪い合い

失敗 ガダルカナル の

三川中将率いる第8艦隊は翌8月8日夜半に戦場海域に到達しそこで連合軍艦隊と遭遇し、が発生した。 この連載の著者・鈴木博毅さんの著書で、14万部突破のベストセラー『』が好評発売中です。

9

ガダルカナルの真実 組織の論理が生んだ悲劇の指揮官

失敗 ガダルカナル の

ガダルカナル島に上陸した総兵力は31,404名、うち撤退できたものは10,652名、それ以前に負傷・後送された者740名、死者・行方不明者は約2万名強であり、このうち直接の戦闘での戦死者は約5,000名、残り約15,000名は餓死と戦病死だったと推定されている。 この戦闘による川口支隊の戦死者・行方不明者は約700名で、一木支隊と比べれば損耗率は低かったが、激戦となったのは国生大隊と田村大隊の2個大隊だけであり、国生少佐、水野少佐を含めクラスの中堅将校が戦死した。

15