Question: 聴覚障害者やベートーベンは誰でしたか?

Ludwigはまだ傑作を汲み出していました。彼が何をしたかはここです。 「過去3年間、私の聴聞会は着実に伸びています...」 - だから、30歳の30人、友人への手紙で書いた。若いベートーベンはモーツァルト以来最も重要なミュージシャンとして知られていました。

ベートーベンとモーツァルトは両方とも聴覚障害者ですか?

ベートーベンの障害:彼は盲目になった... Mozartは聴覚障害者ですか?

は聴覚障害者ですか?

Beethovenは最初に彼の聴聞会で困難で、彼が1798年の間に、彼が約28歳のとき、彼が44または45歳の時までに、彼は聴覚障害者、彼が彼の同僚に授業を受けていない限り、彼は議論をしない限り、彼が訪問者に通っていない限り、彼は完全に聴覚障害者だったと友達。彼は1827年に56歳で亡くなりました。

どのベートーベンシンフォニーは聴覚障害者ですか?

彼の有名な第6シンフォニーも難聴での彼の異なる生活を反映しています。牧歌的な交響曲としても知られている、音楽作品は彼の聴覚を失った後に都市生活を逃げた田園地帯の平和を伝えます。

彼が聴覚障害者のときに書いたのは何を書いたのですか?

1820年までに、彼はほとんど完全に聴覚障害者、ベートーベンは彼の最大の作品を構成しました。これらには、最後の5つのピアノのソナタ、ミズーラ・ソレムニス、9番目のシンフォニー、そのChoral Finale、そして最後の5つの文字列四重奏が含まれます。 1826年の秋には、ベートーベンが深刻な風邪を呈し、それは肺炎症に発展しました。

Reach out

Find us at the office

Debernard- Tareen street no. 51, 51267 Nairobi, Kenya

Give us a ring

Jermiah Ashjian
+40 989 176 817
Mon - Fri, 7:00-16:00

Reach out