歯科 疾患 実態 調査。 歯の健康が守られてきた背景とは?【後編:歯科疾患実態調査】

歯の健康づくりデータバンク | 保健福祉部健康安全局地域保健課

実態 調査 疾患 歯科

そのため健康日本21(第二次)の中間評価 [4]では、歯周病の有病状況が悪化していると評価されています。

8

千葉県歯科保健実態調査の結果/千葉県

実態 調査 疾患 歯科

図2: 歯科疾患実態調査では歯周関連の自覚症状として「歯ぐきが痛い、はれている、出血がある」を有する人の割合が調査されています【図2】。 また、昭和32年から6年ごとに実施していましたが、平成24年に策定した「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」の中間評価にあわせ、今回の調査から調査周期を5年に変更しました。

15

平成28年歯科疾患実態調査|厚生労働省

実態 調査 疾患 歯科

「道民歯科保健実態調査結果」及び「成人歯科保健に係る道民歯科保健実態調査集計結果」は、オープンデータとして自由に二次利用することが可能です。 平成28年歯科疾患実態調査の解析作業報告および今後に向けた提言.。

6

歯の喪失の実態

実態 調査 疾患 歯科

8020達成者も年々増加しており、今回の調査では達成率51. The global burden of oral diseases and risks to oral health. 北海道における歯科保健対策の概要 北海道における歯科医療従事者の状況 2019年11月1日現在 (札幌市、旭川市、函館市、小樽市を除く。 50音から探す• 高齢者の場合には、日本が同様に低い割合を示しているが、わずかな差である。 厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会. 「健康日本21(第二次)」中間評価報告書 平成30年9月.• フッ化物塗布の実績を見ると、乳幼児・小児(1~14歳)の経験者の割合は継続的に増加し、2000年代には5割を超え、いまでは6割以上の子どもたちがフッ化物塗布を経験しています。

16

平成28年歯科疾患実態調査|厚生労働省

実態 調査 疾患 歯科

今回比較を行った資料は厚生労働省歯科疾患実態調査(日本、2011年)のほかにドイツ歯科医師研究所の第5回ドイツ口腔保健調査(ドイツ、2013-14年)、ニュージーランド保健省のニュージーランド健康調査(2009年)である。 したがって「8割が歯周病」というのは、ウソではないものの、大げさな捉え方といえます。

18

千葉県歯科保健実態調査の結果/千葉県

実態 調査 疾患 歯科

子どものう蝕は減り、5歳以上15歳未満のDMFT指数は、近年顕著な減少傾向を示していることがグラフから読み取れます。

歯科疾患実態調査 平成28年歯科疾患実態調査 歯科疾患実態調査

実態 調査 疾患 歯科

統計関連情報• 80歳で歯が20本以上残っている人は、2人に1人! 出典: 厚生労働省が1989年(平成元年)から推進しているのが、「80歳になっても自分の歯を20本以上残そう」という「8020運動」です。

10