パオロ ジョルダーノ。 内向きな民族主義・大衆迎合の台頭、コロナ禍で最悪の政治潮流 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン

パオロ・ジョルダーノ

ジョルダーノ パオロ

感染を食い止めるため同国は3月中旬から厳しい外出制限が続いている。 いずれ過ぎ去る現在の状況。

コロナ後の世界を考える|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

ジョルダーノ パオロ

生産性とは私たちがどうしても捨てられないもののひとつであり、激しく執着しているものなのだ。 この本は2020年の2月29日から3月4日までの日々の記録をエッセイとしてまとめたものだそうです。 しかし著者はそんな弱いに人間に 厳しい現実を突きつけます。

16

『コロナの時代のぼくら』コロナ後の我々は、何を守り、何を捨て、どう生きていくべきなのか?

ジョルダーノ パオロ

今私たちができること 「仮に車の外に何も見えなかったとして、車が動いていることも知らなかったとしたら、それが滴のせいなのか、僕たちのせいなのか分かりようがないんだろうな」彼は言った。

コロナの時代の僕ら(パオロ ジョルダーノ) : 早川書房

ジョルダーノ パオロ

今は日本でホスト系に感染者が多いときいて、自分行ったことないので、どんなことをするんだろう?この業界は今後どうなるんだろう?もしホストクラブが無くなったら、ホストをしていた人や利用者はどこに流れるんだろう?そういえば大騒ぎしていたパチンコ屋には何の問題もなかったのか?など、考えています。

1

アフターコロナも「以前と同じ日常」を続けていくのか【『コロナの時代のぼくら』著者インタビュー】#コロナとどう暮らす

ジョルダーノ パオロ

でも、これだけは断言できる。 2月末から3月頭、コロナウイルスの感染拡大真っ只中の変容をイタリア人著者が記している。

15

パオロ・ジョルダーノ『コロナの時代の僕ら(早川書房)』あらすじと感想!新しい日常を行動に移そう

ジョルダーノ パオロ

どこからどこまで当たり前のことなのだ。

1

コロナの時代の僕ら(パオロ ジョルダーノ) : 早川書房

ジョルダーノ パオロ

いま文学に何ができるのか。 5と言われていますが、実際の数値(実効再生産数)は、個々人の行動によって低く抑えることもできます。 2月29日から3月4日までのエッセイは、淡々としていて、「さすが、理系の作家だなー」と新鮮な気持ちで楽しく読みました。

16

読書感想 『コロナの時代の僕ら』 パオロ・ジョルダーノ 「不安の中での知性のあり方」|おちまこと|note

ジョルダーノ パオロ

だからでしょう、とても読みやすいエッセイでした。 約1カ月半で医療崩壊が始まり、ロックダウンに入り……最近になってようやく落ち着いてきて、今は半分くらい日常生活が戻ってきています。 僕には、どうしたらこの非人道的な資本主義をもう少し人間に優しいシステムできるのかも、経済システムがどうすれば変化するのかも、人間が環境との付き合い方をどう変えるべきなのかもわからない。

15