山口 慎太郎。 山口 慎太郎

出産一時金の増額は「次世代への投資」東大・山口慎太郎教授に聞く(東京すくすく) 菅義偉首相が不妊治療の保険適用拡大を看…|dメニューニュース(NTTドコモ)

慎太郎 山口

コロナ期間の変化はみんなにとってストレスフルですが、コロナが収束し経済も動き出しワクチンもできた頃には、よりファミリーフレンドリーな社会を迎えられるということが、これらの研究からは推測できるわけです。 どの地域でも出産で持ち出しはない形が理想的だろう」 -一時金増額はどれほど少子化対策に有効か。

2

出産一時金の増額は「次世代への投資」東大・山口慎太郎教授に聞く(東京すくすく) 菅義偉首相が不妊治療の保険適用拡大を看…|dメニューニュース(NTTドコモ)

慎太郎 山口

「日本はあらゆる場面で地域格差がある。 子どもがいる人にとっては、在宅勤務ができるようになることでワーク・ライフ・バランスをよりうまく取れるようになるし、生産性もあまり下がらない。

18

山口 慎太郎

慎太郎 山口

経済学の研究でも、誰と過ごしたかは幸福度の変化に影響を及ぼすことが分かっていて、特に家族と過ごす時間と自分が感じる幸福度はわりと強い関係があるといわれています。 米国での有名な研究によれば、質の高い就学前教育を受けると、大人になってからの所得を上げるだけではなく、生活保護受給率や逮捕される回数も減らし、社会全体が利益を受けている。

7

『「家族の幸せ」の経済学』山口慎太郎さんインタビュー 無償化より待機児童解消を急いで|好書好日

慎太郎 山口

『「家族の幸せ」の経済学』(光文社新書)で2019年度サントリー学芸賞受賞。 データで示す保育園通いのメリット 山口慎太郎・東京大学准教授の『「家族の幸せ」の経済学』(光文社新書)は、家族や育児を巡る俗説やモヤモヤを、海外のデータや自身の研究成果も紹介しつつ、経済学的に考察する。

東大・山口慎太郎教授が語る「在宅勤務で家族の幸福度は上がる」:日経ビジネス電子版

慎太郎 山口

nui-icon-text--link-as-button :hover. ジョブサーチと賃金上昇、労働市場における人的資本形成、男女間賃金格差といった問題を構造推定アプローチに基づいて分析した。 nui-icon--ise-rc-dow-organization,. 5s linear infinite;animation:spin 1. 日本は、男性育休制度が世界で最も充実した国だと評価されている。 菅義偉首相が不妊治療の保険適用拡大を看板政策に掲げるなど、妊娠や出産にかかる経済的な負担を軽減する動きが政府・与党で加速している。

山口慎太郎 男性育休、パパの不安なくす取り組みを (2/2) :日経DUAL

慎太郎 山口

「家族の在り方」という観点では、コロナ後の影響まで長期的に考えると、やはりテレワークの広がり方は非常に大きな影響を持つのではないかと思います。 教員名 教員個人ホームページ 山口 慎太郎 YAMAGUCHI, Shintaro オフィス E-mail 〒113-0033 文京区本郷7-3-1 東京大学大学院経済学研究科 syamaguchi at e. 確かに、緊急事態宣言下の在宅はストレスフルでした。

17

出産一時金の増額は「次世代への投資」東大・山口慎太郎教授に聞く

慎太郎 山口

nui-icon--icon-paperviewer-web-main,. nui-icon--chevron-double-left,. 充実した育児休業があれば仕事に復帰しやすいので、子どもを産んでも仕事を続けやすい。 また、ネットのマッチングサイトの分析によると、万人受けするモテるタイプの存在がわかる一方で、人の好みは大きく異なること、ネットでないと見つけられない出会いもあると述べられている。 結婚や子育てでは、人生の中でも大きな意思決定を迫られることが続く。

9