海洋 温度 差 発電。 海水の温度差で電気を作る?海洋温度差発電のポテンシャルとは

海洋温度差発電 (OTEC:Ocean Thermal Energy Conversion)

発電 海洋 温度 差

:気体の膨張により内燃機関を回す発電。

9

海洋温度差発電が地球を救う

発電 海洋 温度 差

また、汲み上げた深層海水を色々な用途に複合利用できることも、海洋温度差発電ならではの効果です。

17

発電

発電 海洋 温度 差

陸上のプラント• " 兵庫県明石市の環境関連ベンチャー「ゼネシス」と佐賀大学がインド政府と共同開発した世界初の海洋温度差発電の実証施設が完成. :小規模な水力発電。

5

海水の温度差で電気を作る?海洋温度差発電のポテンシャルとは

発電 海洋 温度 差

そこで、アンモニア90%に水10%の混合物質の作動流体を用いたサイクルを考えついた。 海面と水深1000mの水温の温度差 海洋温度差発電(OTEC)は緯度20度までのにおいて深海と表層の水の間に存在する差を利用して熱機関を動かすことによって発電する。

海水の温度差で電気を作る?海洋温度差発電のポテンシャルとは

発電 海洋 温度 差

Q:発電のポテンシャルは?• 海洋温度差発電は、温かい水で沸点の低い媒体を気化させてタービンを回す発電方式ですから、温暖化によって表層水が温められた現代に適している方法だと思います。 このうちの2%を利用しても、世界で200億kW、日本で1. 実証プラントの建設によって、課題が出てくる可能性もあるが、実用化プラントの建設に当たっては、現段階ではそれほど大きな技術的な問題はないと考えている。

11

現在の地球に適している!夢の海上都市計画を支えるエネルギー創出法

発電 海洋 温度 差

海洋は地球表面積の70%である。

特定非営利活動法人 海洋温度差発電推進機構

発電 海洋 温度 差

さらに電力発電プラントと沿岸部の距離が近い場所であれば、海洋深層水を汲み上げるパイプを土壌の下に通すことで、亜熱帯地域でも寒冷地と同じような植物・農作物を育てることが可能とされています。

8

特定非営利活動法人 海洋温度差発電推進機構

発電 海洋 温度 差

、の が海洋の温度エネルギーの開発を提案した。 すぐに実現することを重視されているのでしょう。 パンフレットダウンロード. 同施設は、長さ七十メートル、幅十六メートルのプラント船で、上原春男・佐賀大学長が開発した「ウエハラ方式」と呼ばれる熱交換器を積んでいる。

17