国税庁 コロナ。 新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ|国税庁

《速報解説》 国税庁、法人税基本通達等の改正によりコロナ被災の取引先支援に自然災害時の取扱いを適用する旨を追記

コロナ 国税庁

なお、納税については、同封の納付書で猶予期限までに金融機関等で納付していただく必要がありますが、猶予期限までに全額の納付が難しい場合は、納税者の方の状況を十分に伺った上で、他の猶予制度が適用できる場合は他の猶予制度を適用しますので、所轄の税務署にご相談ください。 1 申告・納付等の期限の個別延長関係• 在宅に戻すべきだ」と憤る。

17

新型コロナウイルス感染症に関する対応等について|国税庁

コロナ 国税庁

その他•。 埼玉県和光市にある税務大学校の教室。 をご覧ください (国税庁ホームページへリンク)• 1件当たりの追徴税額は、富裕層以外を含む調査全体では平均222万円だったのに対し、富裕層は2.6倍の581万円に上った。

《速報解説》 国税庁、法人税基本通達等の改正によりコロナ被災の取引先支援に自然災害時の取扱いを適用する旨を追記

コロナ 国税庁

通常なら税務調査が本格化するが、コロナ禍の影響を受ける今年の税務調査は一体どうなるのだろうか・・・。

新型コロナウイルスと当面の税務調査

コロナ 国税庁

FAQは令和2年3月18日現在の法令等に基づいて作成されたもので、6項目について全35問の設問で構成されている。 このほか、「申告・納付等の期限の個別延長関係」(全6問)、「納付等の手続関係」(全4問)、「納付の猶予制度関係」(全7問)、「申告所得税等の確定申告に係る申告相談関係」(全6問)、「新型コロナウイルス感染症に関連する税務上の取扱い関係」(全1問)となっている。 税務署が行うのは小規模事業者がほとんどで、実地調査は2~3日で終わる。

19

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ|国税庁

コロナ 国税庁

今回のFAQは、当面の申告や納税などに関して寄せられた質問等を取りまとめたもので、国税庁では適宜参考にするよう呼びかけている。

11

国税庁の集団研修再開に「なぜ今?」 寮生活の研修生ら不安―新型コロナで一時延期:時事ドットコム

コロナ 国税庁

国税庁においては、取りまとめ役である総務課と税目毎の主管課(法人課税課、個人課税課、資産課税課)が中心になり、 今後の税務調査再開時期について日々検討を重ねているはずです。 通常この時期であれば、私の事務所には多くの個人事業主様や法人経営者様から「税務署から税務調査を実施する旨の連絡が来た」という相談があるのですが、 今年に限っては、そろそろお盆休みになるにもかかわらずそのような相談が極めて少ないのです。 体調管理や「3密」対策などを徹底していると強調し、「研修生の不安解消に努めたい」と話した。

8