訊く 意味。 「効く」「利く」「訊く」の意味の違い

聞く・聴く・訊くの違いについて

意味 訊く

「予定を訊く」「道順を訊く」のように、 何かを尋ねる、問うことを意味しています。 「聴く」という漢字には、「心」という文字が入っています。

「効く」「利く」「訊く」の意味の違い

意味 訊く

に 二塚やすこ より• 「聞」の熟語には「見聞(けんぶん)」「伝聞(でんぶん)」「風聞(ふうぶん)」「聞香(ぶんこう)」などがあります。 訊くや聞く、聴くといった漢字表記によって、その表現に含まれる意味合いが変わってくることから、適切な言葉遣いを身につけるために、これらの表現の違いを把握しましょう。

19

【聞く】と【聴く】と【訊く】の意味の違いと使い方の例文

意味 訊く

「聞く」には「質問する・問う」という意味もあるため、尋ねるという意味で「本音を聞く」「先生に聞く」と書くこともできます。 聞くにまつわることわざ 聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥 社会人経験が長くなるとどうしてもこんなことを聞いていいのかどうかと迷うことがあります。

聞く・聴く・訊く……3つの「きく」ってどう違うの?|「マイナビウーマン」

意味 訊く

今日は、「聞く」「聴く」「訊く」3つの「きく」の違いについてお伝えしていきます。 この「機能を発揮する・活動する」や「言葉を発する・話をつける」という意味で「きく」を使う場合は、意味が異なるため、「聞く」は使用できません。 「母親の言うことをしっかり聞く」や「要求をしぶしぶ聞く」のように補うことが出来るということは、どういう態度で内容を「聞く」かはその時々で異なるということです。

1

【聞く】と【聴く】と【訊く】の意味の違いと使い方の例文

意味 訊く

「聴く」 「聴く」は 自分から積極的に耳を傾けて聞くことです。

12

聞くと聴くと訊くの違い

意味 訊く

「聞く」と「聴く」と「訊く」の使い方 文部科学省用字用語例には「聞く」と「聴く」の具体的な使用例が示されています。 たとえば、同じ「ピアノの音をきく」でも、「ピアノの音を聞く」の場合は何となく流れてきた音が耳に入るというニュアンスになり、「ピアノの音を聴く」とした場合は注意して音を一音一音聴いたり、音色を聴き分けたりするようなニュアンスになります。

訊くの意味とは?聞くや聴くとの違いや使い分け方と使い方の例文も

意味 訊く

) Ask much , know much 大いに聞いて大いに知れ) 一時は一旦、末代は一生でもどちらでも良いそうです。 「あの店には顔がきく」などと用いますが、さて、「顔がきく」の「きく」は「効く」「利く」「訊く」のうちどれでしょう。

18