比翼 連理 意味。 「比翼連理」という言葉の意味と出典を知りたい。

比翼連理|読み方・意味・使い方・類義語や対義語・英語表現を解説

連理 意味 比翼

この本は東晋 317年~420年 の時代に書かれた本なのですが、この本の説話の中に、「連理の枝」が登場するのです。

「比翼連理」という言葉の意味と出典を知りたい。

連理 意味 比翼

「vow」とは誓いという意味で、「marital vows」は「結婚の誓い」という言葉になります。

「比翼連理」という言葉の意味と出典を知りたい。

連理 意味 比翼

由来は中国の詩人・白居易が残した「長恨歌」にあり、男女が離れない様子を表現するときに使われる表現となります。 「偕老同穴」は英語だと次のように言います。 結婚30年目を迎えたが、比翼連理の精神を忘れず仲良くありたい。

11

「比翼連理」という言葉の意味と出典を知りたい。

連理 意味 比翼

これが「連理の枝」の由来である。 「比翼連理」の語源 次に、「比翼連理」の語源を見てみましょう。

故事成語「比翼連理(ひよくれんり)」の意味と使い方:例文付き

連理 意味 比翼

しかしその何氏の美しさが国王であった康王の目にとまります。 解説 男の人と女の人の仲や結婚している男女の仲が、深くいつくしみのある愛情で結ばれていること。

【四字熟語】「比翼連理」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアが解説

連理 意味 比翼

玄宗と楊貴妃の悲劇をもとにして物語風に作った長い詩。 その妻である何氏と韓凭は仲が良いことで有名でした。 一眼一翼(一説には、雄が左眼左翼で、雌が右眼右翼)の伝説上の鳥で、地上ではそれぞれに歩くが、空を飛ぶ時はペアになって助け合わなければならない。

16

「比翼連理」の意味や由来とは?使い方の例文と英語・類語表現

連理 意味 比翼

唐代の玄宗 げんそう と世界三大美女のひとりとも呼ばれる楊貴妃 ようきひ との間の悲恋を描いています。 「比翼連理」の出典となる部分は438。 英語圏の代表的な宗教であるキリスト教では、 人が亡くなった後は天国に行くと信じられています。

18