竹 取 物語 原文。 日本昔话:竹取物语(音频+原文)_竹林

竹 取 物語 あらすじ

取 物語 原文 竹

「シク活用」形容词活用时保留词尾的「し」。

5

日本昔话:竹取物语(音频+原文)_竹林

取 物語 原文 竹

実は畿内には早くから大和国吉野などに竹林が移植されていた。 「火鼠の裘我國になきものなり。 背愈重,虽困剧不止也。

14

日本昔话:竹取物语(音频+原文)_竹林

取 物語 原文 竹

片時との給ふに怪しくなり侍りぬ。 後にその山は 「富士(不治)の山」と呼ばれるようになったのでした。 竹かんむりが付いたカゴという字である。

4

日本昔话:竹取物语(音频+原文)_竹林

取 物語 原文 竹

「まだら竹娘」というような意味になるが、彼女は竹の中から生まれ、母子家庭の一人息子に出会う。 男 をのこども仰の事を承りて申さく、「仰のことはいとも 尊 たふとし。

20

『竹取物語』の原文・現代語訳18

取 物語 原文 竹

男ども答へて申す、「燕を數多殺して見るにだにも、腹になきものなり。 こぶ取り爺さん、桃太郎、花咲か爺さん、一寸法師、舌切りスズメ、等々、すべて老人が人間側の主人公である。 物なん心細く覺ゆる。

18

竹取物語(國民文庫)

取 物語 原文 竹

さらに潮にぬれたる 衣 ころもをだに脱ぎかへなでなん、まうで來つる。 」とて、なほ月出づれば、いで居つゝ歎き思へり。

11

《蝜蝂传》原文和翻译

取 物語 原文 竹

」とて率ておはしまさんとするに、 かぐや姫答へて奏す、「おのが身はこの國に生れて侍らばこそ仕へ給はめ、いとゐておはし難くや侍らん。 「さりとも遂に男合せざらんやは。

2

《蝜蝂传》原文和翻译

取 物語 原文 竹

」との給へば、いづちも\/足のむきたらんかたへいなんとす。 大納言起き出でての給はく、「汝等よくもて來ずなりぬ。