永野 修身。 永野修身墓

時の永野修身元帥海軍大将(海軍軍令部総長)は山本五十六海軍大将(連合艦隊...

修身 永野

ある時、某砲術長が研究射撃の実施方策を持ってきた。 このことについてでは陸軍自体が陸軍内を制御できなくなっていたと、当時の状況について振り返っている。

8

【終戦の日に読む英霊列伝】忘れ去られたA級戦犯・永野修身(2015年9月号より)

修身 永野

アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072107500 で閲覧可能。

19

【戦史研究11】永野修身と杉山元 対米開戦の最重要責任者『指揮官と参謀 コンビの研究』半藤一利 著

修身 永野

あの時、仮に日本が独ソ戦に参戦した場合、日本は蒋介石政府とソ連を相手に戦いをしつつ、背後で緊張関係にある(戦争準備を進めている)アメリカと対峙せねばならなくなるが、6月の時点で蘭印との交渉は決裂しており、石油、鉄、アルミ、ゴム、航空燃料など、日本が必要とする物資の供給は完全に絶たれており、国内に残されていた限られた備蓄だけで先の見えない戦争をしなければならない事態に陥る上、イギリス支援を焦るアメリカは対独包囲網の形成のためにソ連との結びつきも強めており( を参照)、日本がドイツと共にソ連を挟撃した場合、三国同盟が発動されたと判断し(口実に)、唯一輸入することが許されていた物資である石油の供給をも絶ってきたり、石川信吾大佐が、松岡外相に対して指摘(「ソ連と戦争すれば、アメリカが出てこないと言うわけではないでしょう。 昭和53年に法務死として靖國神社に合祀。 日本人である以上は、年長者でも子供でも又男でも女でも誰もが平素から之をもっていなくてはならぬのであります。

日本海軍、論理的に選択した致命的ミス|日経BizGate

修身 永野

駐米武官生活が長かったため、アメリカの国力の大きさを身をもって知っていたはずの彼であったが、アメリカによる対日経済制裁(石油禁輸)によってジリ貧になりつつある状況で、「戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば、戦わずして亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが、戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも祖国護持の精神が残り、われらの子孫はかならず再起三起するであろう」(1941年9月6日の御前会議においての発言)だったため、消極的にならざるを得なかったのかもしれない。

17

社長メッセージ|転職支援、人材派遣ならマイナビグループのマーキュリースタッフィング

修身 永野

興亜工業大学とその所属学生は、大戦期を通じ(国への奉仕・戦争一辺倒の時代において)他の高等教育機関(大学や軍学校)とはまったく異っており、世俗からは極力隔離され、国家枢要を担う人材、世界文化に貢献する人材を養成するための中枢機関となるよう物心共に特別な配慮がなされていた。 ・ 海軍統帥の頂点にありながら、指導力を欠き、対米戦争回避にも終始消極的。

19

時の永野修身元帥海軍大将(海軍軍令部総長)は山本五十六海軍大将(連合艦隊...

修身 永野

に より• そこが勇気の足りない所であって、今一度心を強く持って必ず実行する心掛けでなくてはならぬ。 今から小さい事でも、手近な問題でも常々習慣をつけて、本当の勇気というものを養っておかぬと、将来役に立つ立派な日本国民になる事は出来ません。 (大正4年) - ・• その永野が41年4月に軍令部総長に就任すると、海軍中堅層とともに対米開戦派の中核となった。

2

永野 修身

修身 永野

巣鴨プリズンから裁判所に護送される永野大将 後方の中央。 できるならば日米の戦争は避けたいようだが、いったいどうなのだろうか」と木戸内大臣に不安を相談した。 (昭和8年)11月15日、司令長官。

16