西 之 島 噴火 情報。 西之島

西之島

噴火 西 情報 島 之

南東方に流下した溶岩の量が最も多く、南東方向に島が拡大。 5倍に拡大し、南斜面の地形変化・島北部から東部にかけて噴出物による干渉性の低下が見られた。 特に6月14日と15日には噴煙がこれまでで最大の2,600メートルに達したと推定され 、この日の午後0時53分に気象庁が父島周辺に降灰予報を発表した。

2

西之島

噴火 西 情報 島 之

103833 1592 レベル1(活火山であることに留意) 32. 有史以降、1973年5月 - 1974年5月、2013年11月 - 2015年11月、2017年4月 - 8月、2018年7月、2019年12月 - 2020年夏頃にかけてが確認されており、特に2013年以降の活動によって新たに海面に顔を出した新島が従来の西之島と一体となり 、大きく陸域面積を拡大した。

2

西之島の噴火状況 : 海洋政策

噴火 西 情報 島 之

(昭和48年)• 18MB] 熱画像 12:41撮影[101kB] 2020年4月19日 15:03-15:12 第三管区海上保安本部撮影 西之島 15:15 撮影[625kB] [1. 噴火警報・予報、火山の状況に関する解説情報• 933333 -200 名称 [番号] 噴火警戒レベル 緯度 経度 標高. 49MB] no image no image no image• 父島で降灰が確認されれば、2013年に西之島の火山活動が始まってから初めてのことになります。

12

気象庁|西之島

噴火 西 情報 島 之

ただしこの時点で既に下記のように新たな噴火活動による海岸線の変化が始まっており、噴火活動が落ち着き次第作り直すとされた。 図1 西之島火山の地質図 5万分の1地質図幅「父島列島」(海野・中野、2007)の一部 N1: 西之島溶岩(1973-74年噴火以前の噴出物)N2: 1973-74年噴火噴出物 a: 海浜堆積物(礫・砂) 赤字の緯度経度は世界測地系、黒字は日本測地系。 1973年の噴火に伴う経過 [ ] (1978年当時) 写真上方が西北。

7

西之島2013年の噴火|災害と緊急調査|産総研 地質調査総合センター / Geological Survey of Japan, AIST

噴火 西 情報 島 之

244333 1949 レベル1(活火山であることに留意) 37. 海上保安庁(2019年9月29日閲覧)• 57MB] 火砕丘周辺 13:50 撮影[918kB] [3. 島は長径 南西-北東 約650m、幅約200m、面積約77000m 2、標高25mで、その北東側に数個の岩礁があった。

11

西之島|海域火山データベース|海上保安庁 海洋情報部

噴火 西 情報 島 之

この点について、火山学者の()は「から数度続いたの内での噴火において成長したカメニ島(と)も似たような大きさであり、人類史上初は大げさな表現である」とで指摘した。 566000 835 レベル1(活火山であることに留意) 37. , 国土地理院, 2016年1月8日発表(2019年9月29日閲覧)• 2017年、2018年にも噴火。 ・編『海底火山の謎:西之島踏査記』〈東海科学選書〉、1974年。

4

気象庁

噴火 西 情報 島 之

- 同日撮影の空中写真で、噴火活動および陸地の拡大は依然として続いていることを国土地理院が確認。 07、南北650メートル、東西200メートルの細長い島だった。

7