幼年 期 の 終り。 負の感情あってこそ大人ではないか?『幼年期の終わり』の意味考察

クラーク『幼年期の終わり』あらすじ

終り 幼年 期 の

オーバーロード反対派に散々苦労させられるストルムグレンやライバーグ、それにちょこちょこ手出しするカレルレン。

幼年期の終り

終り 幼年 期 の

全編を通して登場した地球総督カレラン。 この話は、いわゆるエイリアンへの抵抗を繰り広げるような的なモノではない。

幼年期の終り (テレビドラマ)

終り 幼年 期 の

暴力や誹謗中傷を肯定するわけではありませんが、 正と負それぞれを持ち併せてこそ人間なんじゃないかなと。 カルロレンは、最終的に子供たちを宇宙に旅立たせ、大人は絶滅させます。

19

古典SF『幼年期の終わり』 の感想・考察

終り 幼年 期 の

第2部「黄金時代」 第1部より50年後。 巽教授の解説はこのすぐれたSF小説を味わいつくす上で、大変に力になってくれるものです。

20

幼年期の終わり

終り 幼年 期 の

またそれこそが人間らしい人間なんじゃないかとも思います。

11

負の感情あってこそ大人ではないか?『幼年期の終わり』の意味考察

終り 幼年 期 の

アーサー・C・クラーク『世界SF全集 15 クラーク』福島正実・訳、早川書房〈〉、1969年。 「終り」という言葉にはしばしば悲劇的な意味合いも含有されるものであり、クラークはどうやら言語の持つ微妙な意味合いを抒情的に操ることが得意な作家のようなので、このタイトルにも含むところがあると察して然るべきだったのかもしれない。

2

幼年期の終わり (ようねんきのおわり)とは【ピクシブ百科事典】

終り 幼年 期 の

第三部の主人公ジャンが密航してオーバーロードの星へ行くのも ここは、逆にSFの書き手として異星人のビジョンを書き読者に見せたいクラークが出た感じで、それこそめちゃめちゃ賢くて一般SF読者には、オーバーロードのような存在だったクラークの作家として人間としての限界と書くと書きすぎですが、作家として揺れ惑う気持ちを垣間見た気もしました。 タイトルがダブルミーニングないしトリプルミーニングになっていると読めることに気づき、再読の楽しみを満喫することができた。

14

幼年期の終りとは

終り 幼年 期 の

20世紀後半のある日、巨大な宇宙船団が地球の空を覆う。 その影響力は、SF内部に留まらずやサブカルチャーの世界にも及んでいる。

14

アーサーCクラークの「幼年期の終わり」はどの翻訳が良いですか?

終り 幼年 期 の

多くの「異星からの侵略」ものと異なり、冒頭で地球を訪れた未知の文明は、圧倒的な力を持ちつつも地球に対してその力を振るおうとはしません。

11