会社 法 362 条。 会社法 第362条

取締役会の専決事項たる「その他の重要な業務執行」とは

条 会社 法 362

リスク管理体制• 「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制」は、法令や倫理規範の遵守を図ろうとする、コーポレートガバナンスの確保につながります。 具体的には、 会社の経営方針とそれに基づく行動指針などの法令遵守基準の策定、また、 コンプライアンス基本方針・関連規程やコンプライアンス強化および内部通報制度などを検討していきます。

4

会社法第362条(取締役会の権限等)の解説

条 会社 法 362

貸付その他与信行為• 取締役会の付議基準について 以上のとおり、会社法が規定する取締役会の専決事項たる「重要な財産の処分及び譲受け」・「多額の借財」は、当該決定を行う会社ごとに、また、当該処分あるいは借財ごとに、個別の事情を斟酌して、総合的に決せられるものであって、一概に判断できるものではありません。

2

取締役会の専決事項たる「重要な財産の処分及び譲受け」・「多額の借財」とは

条 会社 法 362

もっとも、上記の定時株主総会及び事業報告における「社外取締役を置くことが相当でない理由」の説明・開示義務の有無を決定する、当該事業年度末日において「社外取締役」を置いているか否かの判断については、改正法において、以下の経過措置が設けられている。 論理的に考えれば、改正法348条3項4号、362条4項6号、399条の13第1項1号ロ・ハ及び416条1項1号ロ・ホ並びに改正施行規則98条1項・4項、100条1項・3項、110条の4第1項・2項及び112条1項・2項に基づいて決定・決議され、その決定・決議の内容の概要が事業報告で開示されたもの(改正施行規則118条2号)について、上記の改正施行規則の各条項に対応する形で、 i 当該決定・決議に基づいて実際に整備された個別の内部統制システムのパーツの概要および ii 当該整備された個別の内部統制システムのパーツがどのように運用されているかに関する概要を開示すればよいということになると考えられるが、事業報告において具体的にどのような開示をすべきかは各社の実情に応じて個別に考えていくほかない。

9

会社法 第362条

条 会社 法 362

この時漏れがないように十分注意します。 商取引契約• 多額の借財• なお、本制度の適用時期については、上記のとおり、3月決算の会社を例にとると、2016年3月期に係る事業報告からであり、かつ、開示等の対象は、施行日(2015年5月1日)以後に行われた取引に限るとされている(改正省令附則2条8項)。

8

会社法|条文|法令リード

条 会社 法 362

柔軟な制度にすることで利害関係者の利益を実現するのが目的である。 専ら自己の利益を図るために議決権を行使する。

3

取締役会の専決事項たる「その他の重要な業務執行」とは

条 会社 法 362

2 取締役会は、「会社の業務執行の決定」や「取締役の仕事の監督」、「代表取締役の選定」といったことをする。 また、設立後に一定の手続きを行うことによって資本金の額を0円にする事も可能。 なお合名会社、合資会社及び合同会社をと総称する。

20

会社法第362条(取締役会の権限等)の解説

条 会社 法 362

)は、定款、定款の定めに基づく取締役の互選又は株主総会の決議によって、 取締役の中から代表取締役を定めることができる。

15

会社法第362条をわかりやすく解説〜取締役会の権限等〜

条 会社 法 362

「業務の執行」は、具体的な事業活動に関与することであるのに対し、「職務の執行」は、業務の執行に併せて、監査行為や取締役会での議決権の行使を含むという意味合いがあるようです。 「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制」は、法令や倫理規範の遵守を図ろうとする、コーポレートガバナンスの確保につながります。 01 施行• 会社法362条「取締役会の権限等」においては、以下の事項その他の重要な業務執行の決定を取締役に委任することはできないとしており、取締役会で決定する必要があるとしています。

5