車 争い 品詞 分解。 源氏物語『車争ひ』解説・品詞分解(1)

かぐや姫の昇天 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる4

争い 分解 車 品詞

「良し」より意味が弱い。 古文では貴族が中心であり貴族にとって庶民は別世界のあやしい者に見えたことから派生 山がつ=名詞、きこりや猟師など、山里に住む身分の低い人 さへ=副助詞、添加(~までも)。 (葵の上の母君の)大宮がお聞きになって、「ご気分も(そう)悪くない折である。

5

源氏物語『車争ひ』解説・品詞分解(2)

争い 分解 車 品詞

助動(断定・終止) 装束 名 を 格助(対象) みな 副 解き 動(カ四・連用) て 接助(単純) 隠しおき 動(カ四・連用) て、 接助(単純) しか 副 言は 動(ハ四・未然) む 助動(意志・終止) と 格助(引用) 思ひ 動(ハ四・連用) ける 助動(過去・連体) 心ばせ、 名 さらに 副 人 名 の 格助(主格) 思ひ寄る 動(ラ四・終止) べき 助動(当然・連体) こと 名 に 助動(断定・連用) あら 補動(ラ変・未然) ず。 わずかに見える袖口、裳の裾、汗衫など、衣服の色合いがたいそう美しくて、わざと地味で目立たないようにしている様子がはっきりと分かる車が二両ある。 左大臣家の姫君。

9

古典についてです。 「言ふべきにもあらず」という表現を品詞分解する

争い 分解 車 品詞

左大臣家の姫君。 にくい、気に食わない。 係り結び あやしき=シク活用の形容詞「あやし(賤し)」の連体形、身分が低い。

20

源氏物語 車争ひ

争い 分解 車 品詞

連体形であるのは、直後に「こと」が省略されているからだと考えられる。 動作の主体である大宮(葵の上の母)を敬っている。

古典についてです。 「言ふべきにもあらず」という表現を品詞分解する

争い 分解 車 品詞

」などと言うけれど、とても制しきれない。 言葉の受け手(聞き手)である葵の上を敬っている。

源氏物語葵車争ひ車争い大殿には日たけゆきて品詞分解助動詞敬語全訳(3/9ページ)

争い 分解 車 品詞

こちらこそご覧いただきありがとうございます。 「うち」は接頭語で、「すこし、ちょっと・勢いよく」などといった意味がある。

更級日記『門出(あこがれ)』解説・品詞分解

争い 分解 車 品詞

うわの空になる。