トサミズキ ヒュウガ ミズキ。 トサミズキ属

トサミズキとヒュウガミズキの比較

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

・葉は枝から互い違いに生じ、長さ5~10センチほどの楕円形になる。 自生は少ないが、可憐で美しい花や秋の黄葉に観賞価値があるため庭園等に栽培品が植栽される。 秋 11~12月頃 になると紅葉を楽しむこともできます。

16

ヒュウガミズキ(日向水木)、トサミズキ(土佐水木)

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

トサミズキに対して小さいので、 ヒメミズキが訛った、あるいは、自生発見が近畿の北部の 丹波、丹後、但馬地方なので、この地方を領地としていた 「明智日向守光秀」に由来から、など諸説あります。 トサミズキ(土佐水木)とヒュウガミズキ(日向水木)の比較 ヒュウガミズキとトサミズキ、どちらも狭い範囲にしか自生していないので、 見かける物は庭や公園などに植栽されている物ばかりですね。 ただし、花も葉もトサミズキより小さいのが特徴。

11

トサミズキの育て方

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

・ 29種存在する。

17

トサミズキ(土佐水木)

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

coreana (コウヤミズキの変種とする学名) 葉が大きくて厚い変種。

ヒュウガミズキ(日向水木)|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

載せたい花が多過ぎて、準備も遅れ下記は載せ遅れ! === === ミモザアカシア === === ミモザアカシア マメ科 ネムリグサ属 [別 名]・・・・・ギンヨウ(銀葉)アカシア、ハナアカシア。

4

樹木シリーズ38 トサミズキ、ヒュウガミズキ

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

病気・害虫 特にありません。 徒長枝は、基部から3~5芽ほど残して切り戻す。

ヒュウガミズキ(日向水木)、トサミズキ(土佐水木)

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

判断基準は、 栽培難易度 やさしい やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分 学名 Corylopsis paucifiora 学名の説明 Corylopsis・・・・・ Corylus(ハシバミ属)+ opsis(・・・に似た)が語源です。

10

トサミズキ属

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

トサミズキの花は1つの花序に8個以上つきますが、 ヒュウガミズキは1つの花序に3個です。 ヒュウガミズキの近縁種で、高知県に分布する日本固有種です。 「ミズキ」という名前が付いていますが、ミズキはミズキ科なのに対し、トサミズキはマンサク科で違う種類です。

ヒュウガミズキ(日向水木)|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

ヒュウガ ミズキ トサミズキ

繁殖は、種を弾き飛ばす前に採取した実、または挿し木。 雄しべは花弁より少し短い。 鉢植えの場合は、寒肥の他、花後のお礼肥として固形の油粕などの有機肥料、または緩効性化成肥料を株元に施します。