日本 原子力 文化 財団。 2019年度世論調査|一般財団法人 日本原子力文化財団

日本原子力文化振興財団とは

財団 文化 日本 原子力

一方、「即時廃止」と回答した割合は11. 刊行物の発行 広報誌『原子力文化』、によるカレンダーなど。 国民各層との対話を推進するため、国民各層のニーズに沿って対話型、参加型の活動を展開している。 また、市民層、自治体等のニーズを踏まえ、常に変化する状況に対応すべく原子力やエネルギー、放射線等をテーマにした出版物や広報素材を作成していく。

15

2019年度世論調査|一般財団法人 日本原子力文化財団

財団 文化 日本 原子力

・一般市民との対話の形成に努める。 報道関係者を対象にテーマごとに専門家を招き質疑応答を行う原子力講座は、福島第一原子力発電所の燃料デブリ取り出しに向けた技術開発、世界のエネルギー・原子力政策の現状、北海道の大規模停電から考える電力安定供給について取り上げた。

14

役員等名簿

財団 文化 日本 原子力

「今後日本は原子力発電をどのように利用すればよいと思うか」との問いに対し、最も多かった回答は「徐々に廃止」で49. 同財団が2006年度より継続的に行っているもので、全国1,200人(15~79歳男女)から回答を得た。 原子力発電は、前年度調査と比較し11.8%から17.3%に上昇し、福島第一原子力発電所事故以降では最も高い割合となった。

8

日本原子力文化財団 (13

財団 文化 日本 原子力

桝本理事長は、同財団の半世紀を振り返り、「色々なノウハウが蓄積されてきた」とした上で、2本柱となる情報提供と世論調査に関わる活動について説明。 2.活動の目的 財団は、原子力に関する国民の意識動向を踏まえ、内外の原子力情勢の分析等にもとづいて、国民各層との対話を推進するために、具体的には、次のような点に留意して、各種の活動を行っている。

16

日本原子力文化振興財団とは

財団 文化 日本 原子力

所在:東京都港区芝浦2-3-31• 特に、エネルギー需給に係るグラフなどをまとめた「図面集」へのアクセスが多く、桝本理事長は、「色々な講演会・勉強会で利用されているようだ。 調査概要• その他 [編集 ]. 実査期間 2019年10月3日(木)~10月15日(火) 質問票・調査結果• なお、サイト内では原子核をシンプルにモチーフにしたマスコットキャラクターが使用されている。

5

役員等名簿

財団 文化 日本 原子力

<参考文献> (1)(財)日本原子力文化振興財団:原子力文化の創造を求めて(活動のご案内)(2000年) (2)(一財)日本原子力文化財団: JAEAトップページへ ATOMICAトップページへ. さらに、今後の原子力発電の利用に関する考えを、「増やしていく」、「震災以前の状況を維持していく」、「しばらく利用するが徐々に廃止していく」、「即時廃止」、「わからない」の選択肢で尋ねたところ、「しばらく利用するが徐々に廃止していく」が最も多く48.4%で、2014年度以降約5割を占め続けるボリューム層となっている。 再稼働に対する考えに関しては、引き合いとなっている項目について前年度調査から今回調査への変動をみると、「電力の安定供給を考えると原子力発電の再稼働は必要」が18.6%から26.7%に上昇する一方、「現状、電力は十分なので原子力発電の再稼働は必要ない」が24.7%から18.7%に下降するなど、逆転が生じた。 7%となったほか、いずれの項目の回答率も男性が女性よりも高く、年代別では60~70代が最も高かった。

7