猿 の 惑星。 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) : 作品情報

繰り返す憎悪と暴力の歴史~『猿の惑星』シリーズ~ 【ネタバレ注意】

の 惑星 猿

『続・猿の惑星』 [ ] テイラー役のチャールトン・ヘストンとノヴァ役のリンダ・ハリソン 『続・猿の惑星』の企画は前作の公開から2か月後に始動し、サーリングと原作者のブールに脚本を依頼したが、二人の書いた脚本はどちらも没となった。 大佐役は「ハンガー・ゲーム」シリーズのウッディ・ハレルソン。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) : 作品情報

の 惑星 猿

1972年• 猿の惑星の関連記事• 彼は「聖典」と矛盾する事実をずっと隠蔽し続けていたのだ。 大方の人はそのリブート作品に半信半疑だったはずですが、第1弾 『猿の惑星:創世記』(2011年)は なんと意外なほどクオリティの高い作品に仕上げてきたからびっくりです。 人間の傲慢さとシーザーの悲哀、覚醒を描いた『創世記』、人類との全面戦争~猿の解放までを描いた『新世紀』に続く完結編『聖戦記』では、猿たちが安住の地を求め最後の戦いを繰り広げる。

猿の惑星シリーズ

の 惑星 猿

星の支配者はサルであり人間は支配される側だったのです。

2

猿の惑星 1968年初代作品のあらすじ(ネタバレあり) テイラー、ジーラ、コーネリアスの運命やいかに!

の 惑星 猿

エンターテインメントとしても一級に面白く、かつSF的な視点からの社会風刺もある…楽しみがいの多い作品ですので、ぜひ鑑賞してみてください。 さらに言うと、奴隷解放宣言を行ったリンカーンの銅像というのも暗示的だ。

15

***ネタバレ満載***『猿の惑星(ティム・バートン版)』の結末に関する世に問う男ウェブサイトの見解

の 惑星 猿

コーネリアスが語ったように人類は猿類を奴隷にする時代が訪れていた。 しかしそんなものはどこにも出てこなかった。

***ネタバレ満載***『猿の惑星(ティム・バートン版)』の結末に関する世に問う男ウェブサイトの見解

の 惑星 猿

猿の惑星【1968年】 あらすじ 未知の惑星に不時着した宇宙飛行士テイラー船長(チャールトン・ヘストン)。 様々な試練に真摯に向き合い、苦悩する姿には心に響くものがありましたよね。 映画は特殊効果は評価されたものの、混乱したストーリーと結末については多くの批判を受けた。