サスケ vs イタチ。 サスケェ

NARUTOのベストバウトが、サスケvsイタチだという風潮wwwwwww

Vs イタチ サスケ

362 雲雷峡の闘い(うんらいきょうのたたかい 「天照」の炎が残る戦闘の跡地で懸命にサスケの捜索を続けるナルトたち。 しかし、イタチが考える未来は違っていた。

19

【NARUTO】イタチ「サスケにうちはの醜さ教えて俺を憎むように仕向けてと…完璧やな」→

Vs イタチ サスケ

譲れない互いの信念。 その胸中には木ノ葉を出奔するに至った過去の出来事がよみがえっていた。 『NARUTO -ナルト- キャラクター オフィシャル データ BOOK』シリーズ• また、大蛇丸に師事してからも戦う相手を殺すといったことは避けていた。

2

イタチの真実 (いたちのしんじつ)とは【ピクシブ百科事典】

Vs イタチ サスケ

その後、自分と同じ六道の力を得たナルトと共に十尾の人柱力となったマダラや彼を触媒に復活した大筒木カグヤに立ち向かい、最初は苦戦を強いられながらも最終的にはカカシやサクラの協力もあってナルトと共にカグヤを封印することに成功した。

NARUTOファンが選ぶ!!お勧めシーンBEST3

Vs イタチ サスケ

しかし、全力で加速し一点集中する「 ただの突き」であるため、いくら雷遁の術と体術が優れていてもカウンターの格好の餌食となる欠点があり、それを補うだけのタイミングの見極めがあって初めて成立する術である。 決闘の最中、互いに無尽蔵に近いチャクラをほぼ全て使い果たすほどの文字通り天地を揺るがす壮絶なの末に、「千鳥」に「炎遁・加具土命」を込めた「建御雷神」とナルトの「陰」の九喇痲の残り全てのチャクラを込めた「九尾螺旋丸」との激突で左手を喪失する重傷を負う。 雷による絶対不可避の攻撃を受けるイタチだが? (著作権法第119条第3項)。

9

サスケェ

Vs イタチ サスケ

終戦から1年後には贖罪の旅に出かける様子が描かれており、その時に同伴を志願したサクラに対しては、額を小突くイタチ譲りの愛情表現により、里に留まるよう宥めていた。 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 356 万華鏡写輪眼の光と闇 写輪眼による凄まじい幻術合戦の後、イタチは最強の瞳術である万華鏡写輪眼の秘密と、うちは一族の歴史を語り始める。

うちはサスケ

Vs イタチ サスケ

書いてて涙が出てくる。

12

サスケェ

Vs イタチ サスケ

一方、サスケ率いる「蛇」の面々もまたイタチの情報を集めるため動き出していた。